プロフィール

ショーンズ

Author:ショーンズ
長い浪人生活をへて、社会復帰。したら、友人の屯田君が仕事やめちゃいました。ついでに宗りんも塀の中へ。

趣味:野球
好きな食べ物:マンゴー
将来の目標:沖縄にリゾートホテル建設し永住
好きな政治家:綿貫民輔、平沼赳夫、鈴木宗男、野中弘務

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいこと

メジャーというか、オランダから衝撃的なニュースが飛び込んできました。

マリナーズ、そしてオランダ本土期待の若手選手ハルマンが弟に刺殺されてしまいました。人間性にも優れ、これからのマリナーズとオランダを背負っていく選手だっただけに惜しまれます。合掌。

悲しいというか、愚かしいことを繰り返している読売。どうでもいいですよ(だいたひかる風)だが、長嶋さんのコメントを捏造するのだけはやめろ、ばか。

最後は関係ないけど、ユダヤ系OBがWBC2013イスラエルチームへ協力する意思表明というニュース。あのバックホームと見せて3塁側ベンチに投げ込んだ天才キャプラーもユダヤ系だそうです。現役では今年ナリーグMVPのブリュワーズのブラウン、レッドソックスのユーキリス、レンジャースのキンズラーなどもいるということ。これをきっかけにイスラエルでも野球が栄えるかも。。

前回の記事で若手切り替え中のマリナーズではペーニャはメジャーに呼ばれないのではないか?と書きましたが見事予想がはずれメジャー昇格です!前回の記事でミートに集中する宣言をしたと書きましたが、ペーニャの頭の中では「バットに当たる→何かいいこと起きそう」という方程式から導き出されていることも判明しました。

とにかくパワーヒッターを熱望するマリナーズの期待に、敵将(元上司)のRソックスフランコー名監督も絶賛するパワーで応えてほしいです。

そしてパワーヒッターつながりでJ・トーミが600号HRを達成したニュースについても触れないわけにいきません。トーミは自分の大学でも3,4番目の選手で、スイングスピードが遅いというバッターとしては致命的な欠点を持っていた(現在もいる)とのことです。それでも、スカウトがこいつはすごくなるからと強烈にプッシュしドラフトにかかり(13順目)、打撃指導の天才、赤鬼マニエルに野球映画「ナチュラル」を見せられ、彼独特の極端なオープンスタンスにして、開花しました。これからもがんがん打ち続けてほしいですね。

与謝野馨と星野仙一を無形文化遺産に!

日本の老害を象徴する人間として、ご両人を無形文化遺産に強く推したい。ゼネコンに頼りきった選挙で落選し、比例で復活し、離党する与謝野!何でアメトークの(産業界)太鼓持ち芸人の回に彼を呼び忘れたのか、テレビ朝日を私は厳しく追及したい。

そして、発言、采配、切れ方すべてが意味不明の星野!是非登録を!!!

で、ぜんぜん話題が変わり、最狂の外野人の話。なんとペーニャがメジャー復帰!!そして、「HRのことは考えない。オフシーズンはずっとミートする練習をしていた!」と成長ぷりを見せ付けたかと思いましたが、46打席で5HRを打つものの打率(.196、ヒット9本)がついてこず、ダイヤモンドバックスを解雇。マリナーズとマイナー契約しましたが、若手に切り替え中のマリナーズでは厳しいかも。。。

久保田、久保田、久保田、久保田、久保田、久保田で6K。

僕は阪神の久保田が大好きである。何で阪神ファンの多くと真弓があんなに久保田に対して冷淡な扱いをするのかが理解できない。

長いシーズンであれば打たれることもある。で、リリーフ投手は打たれた時しか注目されない。だから久保田が出てきたら、ため息ついたりするんだろうけど、リリーフで80イニング100イニング投げて防御率3点台のピッチャーなんてそうは多くない(しかもそれを何シーズンもやっている)。

今日の大敗試合で久保田を使ったらしいけど、そういう扱いをされるべきなのはコバヒロのほうじゃない、真弓さん?

その中でも久保田が6社連続三振して意地を見せたのがすごい。

個人的には、6回以降適当な時に久保田を投入。8回は調子のいいピッチャー(今年榎田、去年なら西村)。9回キュウジが何だかんだで一番いい勝ちパターンだと思うが。

とにかく、若手の突き上げがないと勝てないよ。あー

ドラフト1位とやっぱりオランダ

広島の新外国人「元全米ドラフト1位」バリントン。この決まり文句の真相が、The Extra 2%という本に書かれていました。

バリントンを獲得したパイレーツは誇らしげにこういいました。「先発三番手になりうる能力がある」と(p79)。目を引くような球はないが、安定感があり大崩をしない(=先発三番手に必要な能力)ピッチャーをスカウトした広島シュールストロームの慧眼はほめられるべきだけど、「全米ドラフト1位」にはこんな裏話があるそうです。

こちらはドラフト1位ではありませんが、オランダ本土出身マリナーズのハルマンがメジャー昇格!手首の怪我で出遅れたもののマリナーズは早速昇格させ、期待の高さが伺えます!頑張れ!

ちなみにアンティルのジャージェンス(ブレーブス)も5月月間MVPを獲得し、バレンティン(ヤクルト)も高打率を維持!オランダ当たり年です!(ちなみに先日ヤクルトーオリ戦を見てきましたが、バレンティンよりオリ森山の驚異的な足の速さに驚きました。)

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。