プロフィール

ショーンズ

Author:ショーンズ
長い浪人生活をへて、社会復帰。したら、友人の屯田君が仕事やめちゃいました。ついでに宗りんも塀の中へ。

趣味:野球
好きな食べ物:マンゴー
将来の目標:沖縄にリゾートホテル建設し永住
好きな政治家:綿貫民輔、平沼赳夫、鈴木宗男、野中弘務

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変将、凡将、軍将

ジョー・トーレの「さらばヤンキース」を遅ればせながら読んだ。細部のエピソードは面白いが、全体として2001年以前と以後を分け、2001年以後はわがままで年を食った選手ばかりだったので、WSに優勝できなかったということを言おうとしているところに違和感を感じる。

そんなチームをまとめて、勝つのが監督の仕事ですよね?。ジョー・トーレ礼賛本だが、これを読んで私は彼の監督としての限界が理解できた。2001年以前のヤンキースにはフィットする監督だったが(このような素晴らしいプロフェッショナル集団なら監督の役割はかなり小さくなる)、ブロンコス動物園をまとめ上げる猛獣使いの監督ではないということだと思う。

また、年を食いすぎの投手獲得の弊害を説きながら、37歳のシリングのレッドソックスへの入団をヤンキースとレッドソックスとの力関係の逆転を決定した事項として描いたり、シンカーピッチャーの王建民では短期決戦のエースとして不十分と書きながら、同じシンカーピッチャーのカルモナのプレーオフでのピッチングを絶賛したりと論理一貫性のないご都合主義的なものの書き方に腹が立ってくる。

まー、3章の薬物汚染の実態を放置したMLBや選手会のひどさや、バーニーが息子だけでなく奥さんも球場にわすれ帰って来るというミスター越えのエピソード(p479)などは大変面白い。

P.S.いまだに全文が公開されず、バリー・ボンズなど一部の選手を貶めるために悪用されているミッチェル・リポートなどMLBが薬物禁止へ動くきっかけとなった告白を行った1998年パドレスWS進出時の三塁手ケン・カミニティの冥福をお祈りします
スポンサーサイト

クローザーには金をかけるな!

前回の記事でマーモルがクローザーよりセットアップの方がカブスの勝率が高かったと書きました。それを裏付ける記事を見つけました。通常クローザーが投入される9回の頭にリードしていた場合、どんなしょぼいチームでも9割方リードを守りきります(MLB全体平均95.5%)。ちなみに8回頭でリードしていた場合91.7%の確率で逃げ切ります。8回のリードを守ったまま9回に突入する確率は96.1%です(単純に91.7%を95.5%で割り戻した数字です)。

つまりどのイニングも同じくらい大切ということ。じゃーなぜクローザーよりセットアッパーが重要なのか?それはクローザーは9回の頭から使われるのに対して、セットアッパーは8回ランナーが出てから使われたり、必要なら7回から使われることもあるなど、その起用法が多用だから。つまり、本当にいいピッチャーが必要なところで起用されるからです。

つまり、ヤクルトは林の残留に金を使うなら、彼をセットアッパーで使うべきなのかもしれません。そんな林も見てみたい!

ついでにヤクルトはミューレンの後輩であるアンティル出身のバレンティンを獲得!ミューレンと同じくらい三振しても同じくらいHRを打てば許してもらえると思うので、頑張ってほしいものです。

最後に久々のプッツン外野コンビの情報を。まず、ミレッジがパイレーツから年俸調停されずFAになりました。これは岡島と同じ状況で、メジャー3年目から5年目の選手に対して、帰属球団が年俸調停で決まりそうな年俸に活躍が見合わないと考えた場合に年俸調停せずにFAになるものです。まー、パイレーツにいてもレギュラーでは出れなそうなので、良かったかもしれません。

ペーニャはダイヤモンドバックスとマイナー契約。メジャー登録されなかったらアジアのチームと自由に契約できるとのことですので日本で見られる?日本に来ても大型扇風機と化す危険性が大な気もしますが。デュークスは養育費を払えずに逮捕。とほほな3人組ですが、来年こそ巻き返せ!


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。