プロフィール

ショーンズ

Author:ショーンズ
長い浪人生活をへて、社会復帰。したら、友人の屯田君が仕事やめちゃいました。ついでに宗りんも塀の中へ。

趣味:野球
好きな食べ物:マンゴー
将来の目標:沖縄にリゾートホテル建設し永住
好きな政治家:綿貫民輔、平沼赳夫、鈴木宗男、野中弘務

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後のマリナーズ

前回のマリナーズ改革案の進捗度について触れてみよう。

まずは、だめ二遊間コンビのしりをたたく人。へアストンは私の希望通りレッズに残留。カブレラは相変わらず未契約。代わりといっては何だが、カブスからセデーニョを獲得。バッティングは期待できそうもないが、守備はよさそう。ただイマイチ2人の危機感を煽るには迫力不足か。

懸案のファーストはM・スウィーニーとマイナー契約。ローリスク・ハイリターンな契約。前回記事で触れたケーシーと似たタイプ(守備はケーシーが上)で、リーダーシップと打棒を兼ね備えたタイプ。ただ最近はずっと怪我なので、望み薄。本人も開幕ロースターに残れなければ引退を決意している。

レフトは現在のところ動き無し。アブレーユに興味を示しているようだが、金額が折り合わない。

と、ざっとこんな感じ。つまり大して何もしていない(笑)。いいキャッチャーを採るべきなのは明らかなはずなのに、任天堂の呪縛が。。。

ともかく、スウィーニーが記事の中で面白いことを指摘している。「昨シーズン18,19試合対戦したが、敵ベンチから見てまとまりも活気もない。」と。チームリーダー不在のマリナーズ。スウィーニーが開幕のこらなかったらどうなることやら。(続く)
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。