プロフィール

ショーンズ

Author:ショーンズ
長い浪人生活をへて、社会復帰。したら、友人の屯田君が仕事やめちゃいました。ついでに宗りんも塀の中へ。

趣味:野球
好きな食べ物:マンゴー
将来の目標:沖縄にリゾートホテル建設し永住
好きな政治家:綿貫民輔、平沼赳夫、鈴木宗男、野中弘務

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪(開会式)をボイコットせよ!

題名がまるでSAPIOであるが、あくまで私は軟弱なサヨクである笑。

チベット民族に対する中国政府の弾圧はすでに多くのメディアで報じられている通りである。こういった人道に反する国家が主催する五輪には参加すべきではない!と思うが、五輪を目指してきた選手たちの気持ちを考えるとそういうわけにもいかないので、開会式をボイコットしよう!と軟弱なことをいっているわけである。

まー、あとオリンピックで大量に外国人が流入されれば、当局も十分な規制ができず、中国の人権弾圧振りが表に出るという面でもオリンピックはよいチャンスだと思うので、開会式だけにしましょう(そのぐらいで改善されそうもないのはなんとなく分かるが)。

ところでほとんど報道されない(中国政府が情報を公開しないから当たり前か)ウイグル人女性がテロを計画したとして逮捕されたという事件はその後どうなったのか?てか、この記事前半と後半で内容がねじれていて意味不明だよね。爆破をもくろんだときに逮捕されたの?それともガソリンくさくて逮捕されたの?

もし本当にテロを未然に防止したら立派なもんだけど自治区共産党書記の「ウイグル族が何をやってもたいしたことはできない」的な発言はどうかと思うけどな。

中国の人権関係でアメリカと中国が欧州を繰り広げたという記事もなかなか面白い。くそみそですね。てか、論語にチベット人を抹殺せよ!なんて言葉があるんでしょうか?

最後に今回気になったのが、欧米人はなぜチベットにだけ強い関心を抱くんでしょうか?新彊ウイグル自治区でも報道されないだけで、テロ掃討作戦というチベットで行われているのと同じことが繰り広げられているのに。かつて国として存在したか否かの違い?だったら内モンゴル自治区は?不思議ですね。

Boycott Beijing Olympics (only opening ceremony) 2008!
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。