プロフィール

ショーンズ

Author:ショーンズ
長い浪人生活をへて、社会復帰。したら、友人の屯田君が仕事やめちゃいました。ついでに宗りんも塀の中へ。

趣味:野球
好きな食べ物:マンゴー
将来の目標:沖縄にリゾートホテル建設し永住
好きな政治家:綿貫民輔、平沼赳夫、鈴木宗男、野中弘務

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代社会の闇

先日、18世紀の産業革命以来、人類が追求してきた便利で快適な生活について再考せざるを得ない事態に直面した。

発端は東南アジアのリゾートに関してリサーチを行ったことであった。これが後に一大経済事件を引き起こすことになるなどということは、その時は想像すらしていなかった。

amazonでリゾートについて色々調べているうちにたどり着いたのが、「バリ島-インドネシアアマン・リゾートの旅」という本であった。

リゾートの王道中の王道あのブラックプールで有名なアマンリゾートについての本である!!!2030年にリゾート王となるべき私としては是非購入すべき本である。しかも、古本が1円で出ているではないか!送料も含めて341円の投資のリターンは、億単位の年収である。経済的にも十分合理的である。

私は早速アマゾンに発注をした。

そして、その本は手元に届いた。急いで封を切り、ぺらぺら(本をめくる音)。ん?なんでバリのまったく関係なさそうな地域の説明があるんだ。ぺらぺら(なおも本をめくる)。なぜアマンリゾートに関する写真がないんだ?おかしいぞ?目次を見る。これじゃまるで、10年前のバリ島の陳腐なガイドブックじゃないか?

そしておもむろに表紙を見た。そこで私は自分が大規模な経済事件に巻き込まれたことにはじめて気がついた。私が注文したつもりの本は「インドネシアアマン・リゾートの旅」。amazonが送ってきたのは「インドネシアマリン・リゾートの旅」。えっ、違いが分からなかった?じゃ、もう一度。注文したつもりだったのが「インドネシアアマンリゾートの旅」。正しくは、「インドネシアマリンリゾートの旅」。

ネットは恐ろしい。えっ、お前みたいな初歩的なポカミスをする馬鹿にとってだけだよ?違う、それは断じて違う!!なぜなら、パソコンの向こうに座ってシステムをつくっているのは私のような馬鹿を数%含んだ人類がやっているから恐ろしいのだ!と自分を慰めてみる。。。。
スポンサーサイト

テレビ朝日崩壊

媚中派テレビ朝日が暴走している。

昨日のニュースステーションで言語明瞭意味不明の司会者古館がスペイン、サファテロ首相の発言を妨害し続けたチャベスに喝を入れたスペイン国王のニュースを取り上げていた。古館はその感想(彼がニュースのコメントと思っていっているのはコメントの価値もない)として「黙れといわれても、元植民地側としては黙っていられない」と発言した。社会通念に照らして人様が発言している間はその発言に耳を傾けるのが常識ってもんである。もし、2億歩譲って政治体制によって発言の自由が決まるとすれば、21世紀の社会主義などとぬかし、国営化という名の独裁体制を敷いているウーゴ・チャベスこそ、この会議で一切発言が許されないのではないか?本当に古館の感想は不可解である。

本日のワイド!スクランブル。東京スポーツ(だと思った)が中国における変な日本語商品を記事にしていた。中国の翼賛体制が大好きであるという媚中派である本質を隠したいテレビ朝日としては是非とも取り上げねばならない記事であろう。しかし続いて日本語能力試験における「変な日本語」集なるものをわざわざクリップをつくり取り上げていたことに私は激しい怒りを感じた。

最初の「あたかも」を使った例文は「あたかも」と「あったかも」を使い間違えるというものであった。2つ目の「なりかわって」を使って例文を作りなさいという問いに対して「彼は麻薬を使うようになりかわってしまった」。最後に取り上げていたのは「もし~なら」を使って例文を作りなさい。「もしもし奈良の人ですか?」。

1つ目は確かに間違いである。しかし2つ目、3つ目は正解ではないか?そもそも問題には「なりかわって」「もし~なら」という言葉の定義をしていないのではないか。そうであれば「なりかわって」を「代理して」という以外の意味で使っても問題ないであろう。2つ目、3つ目の答えを書いた彼、彼女は自分の母国語以外の言語で、与えられた問題文の条件の中で、必死に創造性を発揮し、文章を作り上げたのである。批難されるべきものがるとすれば、このようなあいまいな問題文を作った作門者ではないだろうか?(そもそもこのように個人の解答が外部に漏れるという体制自体が大いに問題があると思う)

言語というのは究極的には生き残るための道具に過ぎない。文法的な正確さなどはテストでは大事だが、実生活では二の次である。異国の地に留学して生き残るために必要なのは、自分が知らないものに直面したとき、くじけずに別の方法を考える創造性である。その点でこの回答者たちが無事に日本に留学してくれることを私は切に願う。

そして、言語は生存のための道具だということを忘れいたずらに文法的な欠点をついたり、外国人なまりのある日本語を馬鹿にしたりしているから、日本人は神のように信仰している英語を話せないのである。

日本語能力試験というのは日本語を身に付け、日本に留学してくれようとしている人々が受けるテストである。それをこのように冷やかし半分で取り上げることに対して私は厳重に抗議したい。

舌足らず、口下手、ミスリーディング。

舌足らず、口下手、ミスリーディング。最近政治家の間ではやっている言葉である。「アルカイダ(ジャマーイスラミヤじゃないの?)の友達の、友達」鳩山邦夫。口下手な東北の政治家小沢一郎。

まず言えるのは口下手なら政治家向いてないよね?ってこと。

あと自分が言ったことには責任持てよってこと。小沢のやめる発言なんて自ら会見開いていっているんだろ?それとも彼が「民主党の代表を辞めます」って言ったときは「民主党の(お友達が僕のいう事聞ーてくれなかったから)代表(続けるの大変だから)辞め(たいなー、)(マ。あっ、でもお友達たちがまた仲良くしてくれるならもう1回やってもいいよ僕。そのときは新聞の人たちの前で少し恥ずかしいかもしれないけど僕人に文句言われるの)(きだからいいんだー)」とでも解釈しろって言うのかこのボケ。「(テメーが代表やっているような)民主党には政権担当能力ねーんだよ」

とキレてみたところで、何で安部政権の時代を除いて最近閣僚や政治家が辞任することが少ないんだろうと考える。政治家の失言は増えてることはあっても減っていることはないだろうし。。。。すると、記者会見場の反対側にいる人間が問題になってくる。そうマスコミだ!

たとえば、小泉首相がイラク開戦を支持した会見で質問は2つであった。(小沢一郎の大好きな)国連の承認がない戦争への支持を表明した会見でだよ。そもそも何の重要性も無いような亀田兄の謝罪会見に行って、「そこは重要なんですよ」とか食い下がっていたのと同じ職業の人がだよ。

この原因は何か?私は苛烈な就職競争だと思う。55年世代でマスコミに行くのは、学生運動の際の逮捕歴があったり、大学で寄り道していた様な人が、過去をあまり問わない新聞社などに就職していたケースが多い。

現在はマスコミ就職対策学校で、作文や面接の練習した優秀な人々が行く。そんな優秀で素直な方が強い(ボクシングがではなく、権力を持っているという意味で)人々を批判することはないだろう。そもそも(建設会社の談合を散々たたいておきながら)記者クラブという取材対象と事前に質問をすり合わせるような密室談合そのものな制度で働くもんだから、骨抜きされた同じような記事しか出てこないのは当然の帰結である。

権力の監視という本来の能力がないマスコミは何をするか?そうイジメをするのです。最近はやりのいじめは、昨日まで散々ほめていた人を奈落の底に突き落とすというきわめて残虐なやり方です。ホリエモン然り、亀田一家然り。

誤解がないように行っておくが、私はホリエモンも、亀田も、最初から好きではなかった。ボクシングに勝ったからってリングで歌を歌う必要はねーだろと思っていた。しかし、彼らが逮捕、反則した後のマスコミの対応をみて彼らに同情する。

KY(空気読めない)というのが最近流行っているが、KY=体制翼賛体制ではないだろうか?「戦争をやるという空気なんだから、お前は黙ってりゃ-いいの。ホント、お前ってKYだな」なんて近い将来ならないよう、KYN(空気よまねーよ)の精神でこのブログを書いていきたい。

A-ロドがみたい! in トレド

元ヤンキースのスターアレックス・ロドリゲス(A-ロド)が大嫌いだ。私はへそ曲がりなのもあるが、あの法外な契約と、大切な試合でまったく役に立たない様がなんとも嫌いだ(大事な試合で打たない彼を見て私は狂喜乱舞している!)

そんな私にとってA-ロドの移籍話なんてのは、「pero no tiene na que ver!」話題である。しかし、今週ある球団が獲得に乗り出した情報を聞きつけ、皆様にお知らせしないではいられなくなってしまった。その球団とはトレド・マッド・ヘンズ。ほとんどの方が今まで聞いた事のない野球チーム。そう、アメリカの3Aのチームなのである。

なぜそうそうなったかという経緯は次のとおり。ワールドシリーズと一生無縁の男A-ロドは、まだワールドシリーズ中に、現在の超法外高額契約を契約期間中に放棄することを発表した(放棄できるのも契約条項に含まれているらしい)。それを知ったヤンキース、スタインブレナーオーナーの息子が「彼はヤンキースの選手として殿堂入りしたいのか?あるいはマッド・ヘンズの選手として殿堂入りしたいのか?」と皮肉ったのが事の発端。

マッド・ヘンズ側は75ホームランを打ち、チームを10年連続の優勝に導けばボーナスを出すとしている。しかしサードのポジションを昨年の3AMVP男ヘスマンと争わなければならないとしている。A-ロドの強欲代理人ボラス宛の手紙には「A-ロド様は他のポジションを守ることに乗り気でしょうか?」という一文が加えられているという。

現代人には人生を楽しむこういった悪知恵が必要だよね。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。